住宅総合保険には加入しなければいけないの

風住宅総合保険とは家を借りる契約を結ぶとき、住宅総合保険料の支払いも求められる場合が最近は多いようです。
住宅総合保険とは、住宅が火災などの災害にあった場合に、それによる損害を補償する保険のことをいいます。
火災のほか、落雷、洪水、盗難など普通に生じる災害のほとんどすべてが補償され、安心できるというわけです。
なぜ借主がこの保険の保険料を負担しなければならないかは契約上の合意にすぎませんが、借主の不注意で火事や漏水事故を起こしてしまい、
本来借主が莫大な損害賠償義務を負うべきところが、この保険で救われることになるのです。
以下このことについてご説明しましょう。
画失火責任法は大家との関係では適用されない日本には失火責任法という法律があり、火災によって他人に損害を与えても、
それが放火などの故意、もしくは寝たぱこなどの重大な過失による場合以外には責任を負わないことになっ雲どの手絡似菩昼ています。