火災保険の必要性を考えてみる

なぜなら我か国には木造建築が多く.いったん火事を出せば類焼しがちでその結果莫大な損害を周囲に与えてしまいます。
その損害のすべてを賠償させたのでは、火元の人は一生立ち直れない負債を負ってしまうことになりかねないからです。
ところがこのことは、マンションの借主と貸主のように、契約関係にある人にはあてはまらないことに注意する必要があります。
ということは、借主が火を出して大家さんに損害を与えた場合には、その全額を賠償しなければならないことになるのです。
そこで住宅総合火災保険に加入しておけば、約款で定められた賠償額を補償してくれます。
そのほかにも、個人賠償責任保険(第三者にけがをさせた、所有物を壊した等の場合に担保する保険)、
借家人賠償責任保険(大家さんに損害が及んだ場合に担保する保険)などがありますが、いずれも保険料はそれほど多額でなく、
万一の場合には大いに頼りになるものですから、安心して住むためにも加入をお勧めします。